閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトルAMP法を用いた福島沿岸の海水中の放射性セシウムのモニタリング
翻訳タイトルMonitoring of radioactive caesium in seawater around off Fukushima using the AMP method
著者青野 辰雄(量子科学技術研究開発機構)
著者福田 美保(量子科学技術研究開発機構)
著者山崎 慎之介(量子科学技術研究開発機構)
著者伊藤 友加里(東京海洋大学)
著者石丸 隆(東京海洋大学)
著者神田 穣太(東京海洋大学)
著者山田 学(福島県水産試験場)
著者山廼邉 昭文(福島県水産試験場)
会議開催日2016-07-06
言語jpn
ページ数p.31
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類4-3-2 オフサイトモニタリング
内容セッション:水中放射性セシウムのモニタリング技術とその適用(2), 福島県, 沿岸水域, 海水, 魚プランクトン, 放射性物質, セシウム137, 濃縮, ゲルマニウム半導体検出器, (2012年~2015年), (新分類; 4-3-2-4 環境放射線サーベイ)
情報源文献複写申込へフルテキストPDF
会議名第53回アイソトープ・放射線研究発表会
関連するコンテンツ
URIhttp://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/106811
WARP保存日2016-10-20