閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル高線量地点(150μSv/h 超)における指向性モニタリング装置の活用
翻訳タイトルUtilization of directional monitoring device at a high-dose point (150 μSv/h or above)
著者鈴木 智(東京電力ホールディングス)
著者樋山 悟志(東京電力ホールディングス)
著者鏡渕 英紀(東京電力ホールディングス)
会議開催日2016-07-06
言語jpn
ページ数p. 53
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類4-3-1-1 放射線サーベイ機器
内容セッション13:「計測技術1」, 放射線モニタリング, 線量率, 福島第一原子力発電所, ヨウ化ナトリウム検出器, コリメーター, 指向性放射探知器, 福島第一原子力発電所3号機, シンチレーション計数器, 散乱, モルタル, 除染, , 放射分析探査, 福島第一原子力発電所2号機, 細胞分裂
情報源文献複写申込へフルテキストPDF
会議名第5回環境放射能除染研究発表会
関連するコンテンツ
URIhttp://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/109470
WARP保存日2016-11-30