閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル無人ヘリ及びML-EM法を用いた放射能汚染分布可視化技術の基礎研究
翻訳タイトルBasic study of visualization techniques of the radioactive contamination distribution using unmanned helicopter and the maximum likelihood-expectation maximization method
著者松山 哲生(東北大学)
著者石井 慶造(東北大学)
著者松山 成男(東北大学)
著者寺川 貴樹(東北大学)
著者田久 創大(東北大学)
著者新井 宏受(東北大学)
著者荒井 宏(東北大学)
著者大沼 透(東北大学)
著者山口 敏朗(東北大学)
著者佐藤 光義(東北大学)
著者眞田 幸尚(日本原子力研究開発機構)
著者西澤 幸康(日本原子力研究開発機構)
会議開催日2016-07-06
言語jpn
ページ数p. 100
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類4-3-2-2 放射線サーベイ方法
分類4-3-2-4 環境放射線サーベイ
内容ポスターセッション3:「除染技術 ・計測技術」, データ可視化, 放射能汚染, 分布, ヘリコプター, 除染, 放射探知, ホットスポット, 放射線モニタリング, アルゴリズム, 蛍リン光体, 収束, 地上較正, 確率密度関数, 地形
情報源文献複写申込へフルテキストPDF
会議名第5回環境放射能除染研究発表会
関連するコンテンツ
URIhttp://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/109517
WARP保存日2016-11-30