閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル排水全量の放射能モニタリング装置の実用化開発(II)
翻訳タイトルPractical application and development of radioactivity monitoring equipment for total volume of the effluent
著者平野 裕之(鹿島建設)
著者福井 久智(鹿島建設)
著者太田 裕士(鹿島建設)
著者秦野 歳久(量子科学技術研究開発機構)
著者斎藤 英之(日本金属化学)
会議開催日2016-07-06
言語jpn
ページ数p. 105
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類4-3-2-2 放射線サーベイ方法
分類4-3-2-4 環境放射線サーベイ
内容ポスターセッション3:「除染技術 ・計測技術」, 廃水, 放射線モニタリング, 利用, 福島第一原子力発電所, 原子炉事故, 放射性物質, 除染, 雨水, 浸出物, セシウム 同位体, 存在度, 放射線検出器, ガンマ線, 温度依存, バックグラウンドノイズ
情報源文献複写申込へフルテキストPDF
会議名第5回環境放射能除染研究発表会
関連するコンテンツ
URIhttp://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/109522
WARP保存日2016-11-30