閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトルオフサイトにおける防災業務関係者の線量評価モデルの検討 1 - 福島第一原子力発電所事故時の防災業務関係者の活動内容と被ばくに寄与する核種の検討
翻訳タイトルConsideration of dose evaluation model of emergency responders in off-site 1 - Consideration of emergency responder's actions and dose contribution by radionuclides in Fukushima-Dai-ichi Nuclear Power Station accident
著者嶋田 和真(日本原子力研究開発機構)
著者廣内 淳(日本原子力研究開発機構)
著者木村 仁(日本原子力研究開発機構)
著者宗像 雅広(日本原子力研究開発機構)
会議開催日2016-09-07
言語jpn
ページ数p.1I06
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類6-3-1 影響
分類4-3-2-3 住民被ばく線量モニタリング
分類6-1-1-3 放射能フォールアウト/沈着・沈殿
内容セッション:線量評価
情報源文献複写申込へ関連URL
会議名日本原子力学会2016年秋の大会
関連するコンテンツ
URIhttp://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/141469
WARP保存日2017-11-05