閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル学術団体が担う役割と今後の活動(日本放射線化学会) - 福島事故に関わる放射線化学研究の現状
翻訳タイトルRoles played by academic organizations and their future activities in Japanese Society of Radiation Chemistry - Current research activity in radiation chemistry related to the Fukushima Nuclear accident
著者勝村 庸介((公社)日本アイソトープ協会)
会議開催日2017-07-07
言語jpn
ページ数p.175-176
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類1-2-3-3 技術支援機関
分類5-5-1 放射線と工学サーベイ
分類5-3-1 固体廃棄物
内容セッション:福島の復旧復興の鍵と放射線関連学術団体への期待
情報源文献複写申込へフルテキストPDF
会議名第54回アイソトープ・放射線研究発表会
関連するコンテンツ
URIhttp://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/141735
WARP保存日2018-02-20