閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル福島原発事故初期の空間線量率分布の推定 1 - 空間線量率の分布状況変化モデルの概要
翻訳タイトルPrediction of ambient dose equivalent rate in the early phase of the Fukushima accident 1 - An outline of the prediction model of ambient dose equivalent rate
著者木名瀬 栄(日本原子力研究開発機構)
著者本田 文弥(茨城大学)
会議開催日2017-03-27
言語jpn
ページ数p.1A11
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類4-1-1-1 方法(論)
分類5-6-1 予測
分類6-1-1-3 放射能フォールアウト/沈着・沈殿
内容セッション:保健物理と環境科学
情報源文献複写申込へ関連URL
会議名日本原子力学会2017年春の年会
関連するコンテンツ
URIhttp://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/141740
WARP保存日2017-12-21