閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル福島原発事故後のリスクコミュニケーションから得た茨城県民の原子力・放射線に関する意識の変化
翻訳タイトルChange of Ibaraki residents’ awareness of nuclear power and radiation throuht risk communication after the Fukushima nuclerar accident
著者菖蒲 順子
著者杉山 顕寿
著者高下 浩文 (日本原子力研究開発機構)
会議開催日2013-06-24
言語jpn
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類6-4-5 社会的影響
内容セッション:「リスク評価・リスクコミュニケーション
情報源文献複写申込へ関連URL
会議名日本保健物理学会第46回研究発表会
関連するコンテンツ
URIhttp://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/41963
WARP保存日2014-03-31