閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル大気・海洋拡散モデルを用いた福島第一原子力発電所事故による放射性物質の大気放出量の推定
翻訳タイトルSource term estimation during the Fukushima dai-ichi nuclear power plant accident by coupling atmospheric and oceanic dispersion models
著者堅田 元喜 (日本原子力研究開発機構)
著者茅野 政道 (日本原子力研究開発機構)
著者寺田 宏明 (日本原子力研究開発機構)
著者小林 卓也 (日本原子力研究開発機構)
著者太田 雅和 (日本原子力研究開発機構)
著者永井 晴康 (日本原子力研究開発機構)
著者梶野 瑞王 ((独)気象研究所)
会議開催日2014-03-26
言語jpn
ページ数p.22
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類6-1-1-1 大気 (ガス)放出
分類6-1-4-1 事故影響解析のためのツール
内容セッション:「保健物理・環境科学」
情報源文献複写申込へ関連URL
会議名日本原子力学会2014年春の年会
関連するコンテンツ
URIhttp://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/58862
WARP保存日2015-03-10