閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトルレーザー光を用いた福島燃料デブリ取出し技術に関する研究開発 (10) - レーザー加工プロセスシミュレーションコードSPLICEによる溶断時過渡温度特性
翻訳タイトルStudy on removal technologies for Fukushima's fuel debris using laser light (10) - evaluation of transient temperature characteristics during a laser cutting process by the SPLICE code
著者村松 壽晴 (日本原子力研究開発機構)
著者山田 知典 (日本原子力研究開発機構)
著者ロン
著者グェン フィ (日本原子力研究開発機構)
著者吉氏 崇弘 ((株)NESI)
著者近藤 敦哉 ((株)NESI)
著者古谷 章 ((株)NESI)
会議開催日2014-03-26
言語jpn
ページ数p.414
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類5-5-2 破損燃料廃止措置プログラム
内容セッション:「原子力施設の廃止措置技術」
情報源文献複写申込へ関連URL
会議名日本原子力学会2014年春の年会
関連するコンテンツ
URIhttp://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/58994
WARP保存日2015-03-10