閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトルBWR 9×9 燃料集合体に対するOECD/NEA 燃焼計算ベンチマーク Phase-IIIC の概要とその報告書案
翻訳タイトルThe outline and a draft report of the OECD/NEA burnup calculation benchmark Phase-3C for BWR 9×9 fuel assembly
著者内田 有里子 (日本原子力研究開発機構)
著者須山 賢也 (日本原子力研究開発機構)
著者鹿島 陽夫 (日本原子力研究開発機構)
著者外池 幸太郎 (日本原子力研究開発機構)
会議開催日2014-03-26
言語jpn
ページ数p.723
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類2-2-3 炉心
内容セッション:「炉物理,核データの利用,臨界安全」
情報源文献複写申込へ関連URL
会議名日本原子力学会2014年春の年会
関連するコンテンツ
URIhttp://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/59052
WARP保存日2015-03-10