閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル新たに開発した航空機モニタリング解析手法を用いて福島第一原子力発電所事故により放出されたヨウ素131の地表面沈着量を導出 - 米国エネルギー省が事故後初期に測定した結果を日米共同研究により解析
情報提供機関日本原子力研究開発機構
掲載日2013-06-27
言語jpn
種別announcement
ファイル形式HTML
分類6-1-1-3 放射能フォールアウト/沈着・沈殿
分類6-1-4 環境保護と修復に関するR&D
内容放射線モニタリング, 航空機
情報源保存されたウェブページへ
上位階層ページタイトル独立行政法人日本原子力研究開発機構
関連するコンテンツ
URIhttp://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/71710
WARP保存日2013-07-06