閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル総合討論 地震・津波に対する原子力安全実現への「耐津波工学」として体系化するための課題
翻訳タイトル5 Challenges for organizing a general discussion on implementing safety measures in case of earthquakes and tsunamis in the context of nuclear energy
著者宮野 廣(法政大学)
著者亀田 弘行(京都大学)((一財)電力中央研究所)
著者有川 太郎((研)港湾空港技術研究所)
著者蛯澤 勝三((一財)電力中央研究所)(東京都市大学)
著者佐藤 慎司(東京大学)
会議開催日2015-03-20
言語jpn
ページ数p.780
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類2-1-1-4-7 津波
分類1-1-2-4 原子力安全
内容セッション:「標準委員会セッション(1)」「原子力安全のための地震・津波防御総合技術体系を目指して 日本地震工学会と日本原子力学会の協働―」, 福島第一原子力発電所, 津波
情報源文献複写申込へ
会議名日本原子力学会2015年春の年会
関連するコンテンツ
URIhttp://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/80518
WARP保存日2015-12-28