閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル福島の実状に即した被ばく線量評価手法による除染実施済み区域等の事例解析について
翻訳タイトルExample analysis for the decontaminated zone by the evaluation technique for dose of radioactivity based on the actual condition of Fukushima
著者吉原 恒一((一社)原子力安全推進協会)
著者新堀 雄一(東北大学)
著者中居 邦浩(日揮(株))
著者高瀬 敏郎(三菱マテリアル(株))
著者黒沢 満(三菱マテリアル(株))
会議開催日2015-03-20
言語jpn
ページ数p.379
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類4-3-2-3 住民被ばく線量モニタリング
分類4-4-2 オフサイト除染
内容セッション:「放射性廃棄物処分と環境(社会科学・線量評価)」, 福島県, 線量, 除染, 放射性廃棄物管理
情報源文献複写申込へ
会議名日本原子力学会2015年春の年会
関連するコンテンツ
URIhttp://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/80583
WARP保存日2015-12-28