閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトルSafety-2の実現に向けたレジリエンスエンジニアリングの導入 (6) - attitude向上を目指した福島事故遺産の保存に関する研究
翻訳タイトルApplication of resilience engineering for realization of safety - 2 6 - study on preservation of Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant - accident legacy for enhancing attitude of nuclear professionals
著者大場 恭子(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構)
著者吉澤 厚文(原燃輸送(株))
著者北村 正晴(トータルマネジメントシステム研究所(テムス研究所))
会議開催日2015-09-09
言語jpn
ページ数p.522
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類6-4-5 社会的影響
分類4-4-3-1 責任、データ、情報の受け渡し
内容セッション:「遠隔操作,ロボット,画像工学/ヒューマンマシンシステム,高度情報処理(遠隔操作,ヒューマンファクタ)」
情報源文献複写申込へ関連URL
会議名日本原子力学会2015年秋の年会
関連するコンテンツ
URIhttp://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/80813
WARP保存日2015-12-28