閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立 17 - 河川浮遊砂のRIPと陽イオン交換容量・有機物濃度・鉱物組成などの因子との関係
翻訳タイトルStudy on distribution and migration of radioactive substances around the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant 17 - relationship between RIP and other parameters such as cation exchange capacity, organic matter content, and mineral composition
著者高橋 嘉夫(東京大学・大学院・理学系研究科)
著者ファン チャオフイ(東京大学・大学院・理学系研究科)
著者谷口 圭輔(東京大学・大学院・理学系研究科)
著者栗原 雄一(東京大学・大学院・理学系研究科)
著者三浦 輝(東京大学・大学院・理学系研究科)
著者恩田 裕一(東京大学・大学院・理学系研究科)
会議開催日2015-09-09
言語jpn
ページ数p.540
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類6-1-4-2 環境条件の予想
内容セッション:「保健物理・環境科学(福島事故関連, 放射性物質の分布と環境動態3)」, セシウム
情報源文献複写申込へ
会議名日本原子力学会2015年秋の年会
関連するコンテンツ
URIhttp://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/80831
WARP保存日2015-12-28