閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル海底堆積物内濃度分布形成過程を考慮した海水 - 堆積物間の核種移行相互作用モデルの構築とその評価
翻訳タイトルModelling the dispersion processes of radionulcides between dissolved phase, suspended matter phase, and bottom sediment phase including model of spatially distribution of radionuclides in sediments on the seafloor
著者浅見 光史((研)海上技術安全研究所)
著者岡 秀行((研)海上技術安全研究所)
著者小田野 直光((研)海上技術安全研究所)
会議開催日2015-09-09
言語jpn
ページ数p.547
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類6-1-1-4 環境汚染
分類6-1-4-2 環境条件の予想
内容セッション:「保健物理・環境科学(福島事故関連, 放射性物質の分布と環境動態4)」, 放射性同位体, 環境移行, 堆積物
情報源文献複写申込へ
会議名日本原子力学会2015年秋の年会
関連するコンテンツ
URIhttp://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/80838
WARP保存日2015-12-28