閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトルエアボーンモニタリング手法の現状と課題 (1) - 開発状況と今後の課題
翻訳タイトルThe current situations and issues of the airborne radiation monitoring 1 - development situation and future work
著者眞田 幸尚(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構・福島研究開発部門)
著者鳥居 建男(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構・福島研究開発部門)
会議開催日2015-09-09
言語jpn
ページ数p.570
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類4-3-2-2 放射線サーベイ方法
内容セッション:「保健物理・環境科学(福島事故関連, 放射性物質の分布と環境動態9)」, 航空機, 放射線モニタリング, 遠隔操作, 福島第一原子力発電所
情報源文献複写申込へ関連URL
会議名日本原子力学会2015年秋の年会
関連するコンテンツ
URIhttp://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/80861
WARP保存日2015-12-28