閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトルエアボーンモニタリング手法の現状と課題 (3) - 無人ヘリコプターにより測定された福島第一原子力発電所周辺における沈着放射能のCs-134/Cs-137比の分布
翻訳タイトルThe current situations and issues of the airborne radiation monitoring 3 - distribution of the Cs-134/Cs-137 ratio around the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant using an unmanned helicopter radiation monitoring system
著者西澤 幸康(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構・福島研究開発部門)
著者吉田 真美(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構・福島研究開発部門)
著者眞田 幸尚(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構・福島研究開発部門)
著者鳥居 建男(国立研究開発法人日本原子力研究開発機構・福島研究開発部門)
会議開催日2015-09-09
言語jpn
ページ数p.572
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類4-3-2-2 放射線サーベイ方法
分類4-3-2-4 環境放射線サーベイ
分類6-1-1-4 環境汚染
内容セッション:「保健物理・環境科学(福島事故関連, 放射性物質の分布と環境動態9)」, 放射線モニタリング, 遠隔操作, セシウム, 福島第一原子力発電所
情報源文献複写申込へ関連URL
会議名日本原子力学会2015年秋の年会
関連するコンテンツ
URIhttp://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/80863
WARP保存日2015-12-28