閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトルガンマ線スペクトロメトリーによる高放射能汚染地域の部分除染が空間線量率へ及ぼす影響評価
翻訳タイトルImpact assessment of partial decontamination on the spatial dose rate in highly contaminated areas by gamma-ray spectrometer
著者今泉 真之(応用地質(株))
著者吉本 修平((研)農業・食品産業技術総合研究機構・農村工学研究所)
著者石田 聡((研)農業・食品産業技術総合研究機構・農村工学研究所)
著者奥島 修二((研)農業・食品産業技術総合研究機構・農村工学研究所)
著者結城 洋一(応用地質(株))
著者平田 諒次(応用地質(株))
会議開催日2015-07-08
言語jpn
ページ数p.54
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類4-3-2-1 放射線サーベイ機器
分類4-4-2-3 エリア除染
分類6-2-1 除染
内容セッション:「計測技術(2)」
情報源文献複写申込へ
会議名第4回環境放射能除染研究発表会
関連するコンテンツ
URIhttp://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/80995
WARP保存日2015-12-28