戻る

検索結果一覧

    
No. タイトル 情報提供機関/著者 掲載日/会議開催日
1 Predicting annual trends in leaf replacement and 137Cs concentrations in Cryptomeria japonica var. japonica plantations with radioactive contamination from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station accident 森林総合研究所 2016-08-31
2 ヒアシンス水栽培を利用した放射性セシウムの植物生体取り込み量の成長過程での変化観察 伊藤 憲男(大阪府立大学); 植野 裕久(大阪府立大学); 谷口 良一(大阪府立大学) 2016-07-06
3 山岳地域における放射線の天候、地形および地質による影響 保科 静香(慶応義塾大学); 黒沢 景一(慶応義塾大学); 高橋 翔太(慶応義塾大学); 加藤 浩太(慶応義塾大学); 吉村 公佑(慶応義塾大学); 奥村 幸弘(慶応義塾大学); 横山 雅彦(慶応義塾大学); 中田 正文(慶応義塾大学); 日比谷 孟俊(慶応義塾大学); 神原 陽一(慶応義塾大学) 2016-07-06
4 福島第一原子力発電所事故による放出した放射性物質の沿岸域における5年間の挙動 津旨 大輔(電力中央研究所); 坪野 考樹(電力中央研究所); 芳村 毅(電力中央研究所); 三角 和弘(電力中央研究所); 立田 穣(電力中央研究所); 青山 道夫(福島大学) 2016-07-06
5 環境に存在する放射性セシウムの化学的性質 金澤 等(福島大学); 稲田 文(福島大学) 2016-07-06
6 土壌中の放射性セシウム及びストロンチウムの挙動評価 井上 由樹(東芝); 中村 秀樹(東芝); 下田 千晶(東芝); 金子 昌章(東芝); 三倉 通孝(東芝) 2016-07-06
7 流域での除染が河川の放射性セシウム動態に与える影響 谷口 圭輔(福島県環境創造センター); 倉元 隆之(福島県環境創造センター); 恩田 裕一(筑波大学); 吉村 和也(日本原子力研究開発機構) 2016-07-06
8 福島県夏井川流域を対象とした水環境中における放射性セシウムの吸着・分配特性 森定 真健(立命館大学); 佐藤 圭輔(立命館大学); 池上 麻衣子(京都大学) 2016-07-06
9 湖沼底質の放射性セシウムの減衰特性に関する検討 長林 久夫(日本大学); 古河 幸雄(日本大学); 中野 和典(日本大学); 手塚 公裕(日本大学); 平山 和雄(日本大学); 高井 則之(日本大学) 2016-07-06
10 放射性セシウム汚染土壌の吸着・脱着特性におよぼす微生物の影響 大嶺 聖(長崎大学); 杉本 知史(長崎大学); 末永 佳弥(元長崎大学) 2016-07-06
11 河川における除染試験と洪水に伴う効果の持続性 錦織 達啓(福島県環境創造センター); 鈴木 聡(福島県環境創造センター) 2016-07-06
12 福島原発80km圏の空間線量率の予測 木名瀬 栄(日本原子力研究開発機構); 村上 優子(日本原子力研究開発機構); 高橋 知之(京都大学); 鈴木 忠和(元日本原子力研究所); 杉田 武志(ナイス); 安藤 真樹(日本原子力研究開発機構); 三上 智(日本原子力研究開発機構); 山本 英明(日本原子力研究開発機構); 斎藤 公明(日本原子力研究開発機構) 2016-06-30
13 福島第一原子力発電所事故後における空間線量率の傾向と将来予測 外間 智規(日本原子力研究開発機構); 西村 朋紘(日本原子力研究開発機構); 中野 正尚(日本原子力研究開発機構) 2016-06-30
14 福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の分布状況等に関する調査; Part2: 空間線量率分布の予測モデルの開発 空間線量率分布の予測モデルの開発、実測データとの比較及び検証 日本原子力研究開発機構 2016-06-03
15 福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の分布状況等に関する調査; Part3: 空間線量率等分布マップの作成と公開 空間線量率等分布マップの作成と公開 日本原子力研究開発機構 2016-06-03
16 (3) マスバランス評価に基づくプラント全体での挙動把握 内田 俊介((一財)エネルギー総合工学研究所) 2016-03-27
17 (4) FP 挙動に係わる基礎事象と新たな研究への挑戦 逢坂 正彦(日本原子力研究開発機構) 2016-03-27
18 (1) 事故時のFP挙動評価の概要 内藤 正則((一財)エネルギー総合工学研究所) 2016-03-27
19 (2) 環境測定に基づく放出量評価 永井 晴康(日本原子力研究開発機構); Nagai, Haruyasu(Japan Atomiv Energy Agency)] 2016-03-27
20 Q1-4-2 空間線量率の減少の特徴は。土地利用状況や人間活動の影響等はあるのか。 日本原子力研究開発機構 2016-03