閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 103
PDFのダウンロード数(フルテキストPDF) : 517
タイトル資源化処理した汚染がれきの放射能分布測定・評価手法の検討
翻訳タイトルA study on measurement and evaluation method for radioactivity concentration distribution of recycled materials from contaminated debris
著者島田 太郎(日本原子力研究開発機構)
著者高井 静霞(日本原子力研究開発機構)
著者武田 聖司(日本原子力研究開発機構)
会議開催日2016-07-06
言語jpn
ページ数p. 102
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類4-3-2-2 放射線サーベイ方法
分類4-4-2-5 廃棄物管理
上位階層分類(自動付与)4-3-2 オフサイトモニタリング   4-4-2 オフサイト除染   
内容ポスターセッション3:「除染技術 ・計測技術」, リサイクリング, 放射能, 分布, 放射探知, 放射能汚染, 福島第一原子力発電所, スクラップ, 低レベル放射性廃棄物, 原子力施設, 原子炉デコミッショニング, セシウム134, セシウム 137, 解析解法, グリーン関数, コンテナ
情報源文献複写申込へ関連URLフルテキストPDF
会議名第5回環境放射能除染研究発表会
関連するコンテンツ
関連するサイト
時間軸情報:汚染水対策
時間軸情報:処理・処分・環境回復
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/109519
WARP保存日2016-11-30