閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル宮城県南丸森町の森林エッジでの線量率の変動を議論するための土壌コア計測法について
翻訳タイトルConcerning the measuring methods of soil core for discussing the variation in the dose rate at the forest edge in Marumori town Miyagi Prefecture
著者原田 茂樹(宮城大学)
著者進藤 秀(宮城大学)
著者市川 健(宮城大学)
著者山口 秀平(復建技術コンサルタント)
会議開催日2016-07-06
言語jpn
ページ数p. 111
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類4-3-2-2 放射線サーベイ方法
内容ポスターセッション4:「環境再生・復旧・復興、リスクコミュニケーション」, 測定方法, 土壌, 変差, 線量率, 森林, 地方自治体, 空間的線量分布, 放射線モニタリング, 除染, 計画, 水文学, 放牧地, セシウム, 湿気, 森林堆積有機物
情報源文献複写申込へフルテキストPDF
会議名第5回環境放射能除染研究発表会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/109528
WARP保存日2016-11-30