閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル福島県境に住む子供の被ばく線量及び屋内外滞在時間
翻訳タイトルSurvey report on personal dose equivalent and indoor and outdoor staying time for children living in the boundary of Fukushima after the nuclear accident
著者吉田 浩子(東北大学)
著者金上 孝(東北大学)
著者小林 育夫(長瀬ランダウア)
著者平揮 典保(東北大学)
会議開催日2016-06-30
言語jpn
ページ数p.52
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類4-3-2-3 住民被ばく線量モニタリング
分類4-3-1-4 個人被ばく線量再構成
内容セッション:「福島原発事故関連(2)」, 福島県, 子供, 線量, 調査、測量
情報源文献複写申込へ
会議名日本保健物理学会第49回研究発表会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/112412
WARP保存日2017-03-24