閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル(1) 地震ハザード評価における認識論的不確実さの克服へ: 本セッションの趣旨
翻訳タイトル(1) Objective of this session: Key challenges to evaluate epistemic uncertainties
著者亀田 弘行(京都大学)
会議開催日2016-03-27
言語jpn
ページ数1
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類4-1-1-1 方法(論)
分類4-1-2-3 過程と行動
内容セッション:SSHAC手法に基づく原子力発電所サイトの確率論的地震ハザード評価について
情報源文献複写申込へ関連URL
会議名日本原子力学会2016年春の年会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/120737
WARP保存日2017-05-18