閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル研究拠点機能向上のための遠隔技術開発 (6) 細径・自己出力型臨界監視センサーの開発
翻訳タイトルRemote Technology Development for Function Advancement of Research Base. (6) Development of Small-Diameter Self-Powered Critical Monitoring Sensor
著者宇佐美 博士(日本原子力研究開発機構)
著者大岡 誠(日本原子力研究開発機構)
著者鬼澤 達也(助川電気工業(株))
著者三浦 邦明(助川電気工業(株))
著者河村 弘(日本原子力研究開発機構)
会議開催日2016-03-26
言語jpn
ページ数1
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類5-5-2 破損燃料廃止措置プログラム
分類5-5-1 放射線と工学サーベイ
内容セッション:遠隔技術2, 遠隔操作装置,
情報源文献複写申込へ関連URL
会議名日本原子力学会2016年春の年会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/120757
WARP保存日2017-05-18