閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル福島実汚染濃度レベルにおける風化黒雲母の Cs-137 脱離について
翻訳タイトルCs-137 desorption behavior of weathered biotite at actual concentration level in Fukushima
著者向井 広樹(東京大学)
著者甕 聡子(東京大学)
著者小暮 敏博(東京大学)
著者田村 堅志(物質・材料研究機構)
著者矢板 毅(日本原子力研究開発機構)
会議開催日2016-03-28
言語jpn
ページ数1
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類4-3-1-2 放射線サーベイ方法
分類6-1-1-4 環境汚染
分類6-2-1-2 汚染源除去
上位階層分類(自動付与)4-3-1 オンサイトモニタリング   6-1-1 環境への放射能放出   6-2-1 除染   
内容セッション:福島事故関連:環境修復, 福島第一原子力発電所, 周辺地域, 土壌, セシウム137,
情報源外部 ウェブページへ
会議名日本原子力学会2016年春の年会
関連するコンテンツ
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
時間軸情報:汚染水対策
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/120781
WARP保存日2017-05-18