閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル研究拠点機能向上のための遠隔技術開発 (8) 放射化コンクリートの特性評価に向けたレーザー診断技術開発
翻訳タイトルRemote technology development for function advancement of research base. (8) Laser diagnostics technology development for characterization of radioactivated concrete
著者山田 知典(日本原子力研究開発機構)
著者大道 博行(日本原子力研究開発機構)
著者河村 弘(日本原子力研究開発機構)
著者島田 義則((公財)レーザー技術総合研究所)
会議開催日2016-03-26
言語jpn
ページ数1
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類5-5-8 廃棄物廃止措置プログラム
分類5-5-1 放射線と工学サーベイ
分類4-4-1-6 廃棄物管理
上位階層分類(自動付与)5-5 廃止措置   4-4-1 オンサイト除染   
内容セッション:遠隔技術2, 遠隔操作装置,
情報源外部 ウェブページへ
会議名日本原子力学会2016年春の年会
関連するコンテンツ
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
時間軸情報:汚染水対策
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
時間軸情報:処理・処分・環境回復
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/120814
WARP保存日2017-05-18