閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル東電福島第一原発事故起源の放射性セシウムの複数の方法による放出総量の推定
翻訳タイトルEstimation of the total amount of released radiocaesium by multiple methods which is originated from the TEPCO Fukushima Daiichi nuclear power plant accident
著者青山 道夫(福島大学)
著者坪野 考樹((一財)電力中央研究所)
著者津旨 大輔((一財)電力中央研究所)
著者猪股 弥生((一財)日本環境衛生センター アジア大気汚染研究センター)
会議開催日2016-03-28
言語jpn
ページ数1
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類4-3-2-3 住民被ばく線量モニタリング
分類4-4-3-3 目標条件・状況
分類4-3-2-4 環境放射線サーベイ
内容セッション:福島事故関連:環境放射能・線量評価3, 放射性物質, セシウム, 放出,
情報源文献複写申込へ関連URL
会議名日本原子力学会2016年春の年会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/120847
WARP保存日2017-05-18