閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトルX線CTを用いた燃料デブリの非破壊検査技術の開発 (2) 燃料重量評価手法の開発
翻訳タイトルDevelopment of non-destructive examination technique for fuel debris using X-ray computed tomography. (2) Development on the fuel weight measurement
著者石見 明洋(日本原子力研究開発機構)
著者勝山 幸三(日本原子力研究開発機構)
著者赤坂 尚昭(日本原子力研究開発機構)
著者三澤 進(検査開発(株))
会議開催日2016-03-27
言語jpn
ページ数1
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類5-3-1 固体廃棄物
分類|6-2-3-1 固体
上位階層分類(自動付与)5-3 廃棄物管理   
内容セッション:非破壊検査, 炉心溶融物, 調査、測量,
情報源外部 ウェブページへ
会議名日本原子力学会2016年春の年会
関連するコンテンツ
関連するサイト
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
時間軸情報:輸送・保管・貯蔵
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/120851
WARP保存日2017-05-18