閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル過酷事故炉を対象とした迅速遠隔分析技術開発 (2) 高線量率放射線環境下における LIBS 特性
翻訳タイトルDevelopment of Quick and Remote Analysis for Severe Accident Reactor. (2) Characteristics of LIBS emission from metal alloy under high radiation dose rates
著者大場 弘則(日本原子力研究開発機構)
著者佐伯 盛久(日本原子力研究開発機構)
著者赤岡 克昭(日本原子力研究開発機構)
著者若井田 育夫(日本原子力研究開発機構)
会議開催日2016-03-28
言語jpn
ページ数1
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類5-1-1-1 放射線サーベイ/モニタリング/エネルギースペクトル
分類5-1-2-2 実験および/または数値解析, シミュレーション
上位階層分類(自動付与)5-1-1 ゾーン診断   5-1-2 燃料状態診断   
内容セッション:福島事故関連, 原子炉事故, 遠隔操作,
情報源外部 ウェブページへ
会議名日本原子力学会2016年春の年会
関連するコンテンツ
関連するサイト
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/120856
WARP保存日2017-05-18