閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 20
タイトル研究拠点機能向上のための遠隔技術開発 (5) 光硬化型樹脂の止水への適用性検討
翻訳タイトルRemote Technology Development for Function Advancement of Research Base. (5) Applicability Examination for Leakage Sealing Using the Photo-curable Resin
著者島田 梢(日本原子力研究開発機構)
著者大岡 誠(日本原子力研究開発機構)
著者前川 康之(日本原子力研究開発機構)
著者富塚 千昭(日本原子力研究開発機構)
著者村上 知行(富士電機(株))
著者片桐 源一(富士電機(株))
著者尾崎 博(富士電機(株))
著者青柳 克弘(福島工業高等専門学校)
著者河村 弘(日本原子力研究開発機構)
会議開催日2016-03-26
言語jpn
ページ数1
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類5-5-2 破損燃料廃止措置プログラム
分類5-5-5 廃止措置のための放射線防護
上位階層分類(自動付与)5-5 廃止措置   
内容セッション:遠隔技術1, 遠隔操作装置,
情報源外部 ウェブページへ
会議名日本原子力学会2016年春の年会
関連するコンテンツ
関連するサイト
時間軸情報:使用済燃料プールからの燃料取り出し
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
時間軸情報:輸送・保管・貯蔵
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/120872
WARP保存日2017-05-18