閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル燃料デブリの臨界管理技術の開発 24 - 福島第一原子力発電所1号機PCVガス管理システム測定値を用いた中性子源増倍係数の推定
翻訳タイトルCriticality control technique development for Fukushima Daiichi fuel debris 24 - Neutron multiplication factor estimation using measured data form Primary Containment Vessel (PCV) gas control system at Fukishima Daiichi Nuclear Power Plant unit 1
著者丸山 博見((技術研究組合)国際廃炉研究開発機構)
著者竹生 諭司((技術研究組合)国際廃炉研究開発機構)
著者鳥谷部 祐((技術研究組合)国際廃炉研究開発機構)
著者福島 浩((技術研究組合)国際廃炉研究開発機構)
著者松本 英朗(東京電力ホールディングス(株))
会議開催日2016-09-08
言語jpn
ページ数p.2H19
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類5-5-3 廃止措置目標
分類5-1-2-2 実験および/または数値解析, シミュレーション
分類5-5-2 破損燃料廃止措置プログラム
内容セッション:臨界管理2
情報源文献複写申込へ関連URL
会議名日本原子力学会2016年秋の大会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/141396
WARP保存日2017-11-01