閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル福島第一原子力発電所事故で放出された137Csの森林土壌中の深度分布とコンパートメントモデルによる下方移行評価
翻訳タイトルTemporal changes in the vertical distribution of 137Cs in forest soils after the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident: observations and model analysis
著者武藤 琴美(日本原子力研究開発機構)
著者安藤 麻里子(日本原子力研究開発機構)
著者小嵐 淳(日本原子力研究開発機構)
著者松永 武(日本原子力研究開発機構)
会議開催日2016-09-07
言語jpn
ページ数p.1J11
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類4-3-2-4 環境放射線サーベイ
分類6-1-2-2 植物相に対する影響
分類6-1-4-1 事故影響解析のためのツール
上位階層分類(自動付与)4-3-2 オフサイトモニタリング   6-1-2 環境に対する影響   6-1-4 環境保護と修復に関するR&D   
内容セッション:環境放射能1
情報源外部 ウェブページへ
会議名日本原子力学会2016年秋の大会
関連するコンテンツ
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/141427
WARP保存日2017-11-03