閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル燃料デブリ取出しへのファインマンα法の適用法の検討
翻訳タイトルStudy on application of Feynman-Alpha method to fuel debris retrieval
著者渡嘉敷 幹郎(原子燃料工業(株))
会議開催日2017-03-27
言語jpn
ページ数p.1F03
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類5-5-2 破損燃料廃止措置プログラム
分類5-1-2-2 実験および/または数値解析, シミュレーション
分類1-2-3-3 技術支援機関
上位階層分類(自動付与)5-5 廃止措置   5-1-2 燃料状態診断   1-2-3 対応組織   
内容セッション:炉物理,核データの利用,臨界安全
情報源外部 ウェブページへ
会議名日本原子力学会2017年春の年会
関連するコンテンツ
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
時間軸情報:使用済燃料プールからの燃料取り出し
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
時間軸情報:輸送・保管・貯蔵
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/141752
WARP保存日2017-12-21