閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル東京電力(株)福島第一原子力発電所事故では、チェルノブイリと比較して、住民への被ばくはより低いレベルに帰着し、これによる健康影響の可能性はとても低い ((ジョン・ボイス)ICRP(国際放射線防護委員会)主委員会委員、米ヴァンダービルト大学医学部教授、国際疫学研究所科学部長)
翻訳タイトルCompared with Chernobyl, the Fukushima reactor accident resulted in lower radiation exposures to the population and thus the potential for health effects is much lower (John D. Boice Jr.)
情報提供機関Cabinet Secretariat
掲載日2011-11
言語eng
ページ数4p.
種別conference material
ファイル形式PDF
分類6-4-5 社会的影響
分類6-3-1 影響
分類4-4-3-3 目標条件・状況
情報源保存されたウェブページへ
上位階層ページタイトル低線量被ばくのリスク管理に関するワーキンググループ
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/158964
WARP保存日2011-12-20