閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル地震随伴津波PRA手法に関する検討 1 - DQFM法を用いた地震随伴津波事象の評価
翻訳タイトルStudy on PRA methodology for seismic induced tsunami event 1 - evaluation of seismic induced tsunami event using DQFM method
著者山川 裕久(東京都市大学)
著者牟田 仁(東京都市大学)
著者村松 健(東京都市大学)
著者亀子 湧生(東京都市大学)
著者諏訪 秀和(原電エンジニアリング(株))
著者根岸 孝行(原電エンジニアリング(株))
著者池田 敦生(原電エンジニアリング(株))
著者松本 裕人(原電エンジニアリング(株))
会議開催日2017-09-13
言語jpn
ページ数1p.
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類3-1-1-1 外部起因事象
分類2-1-1-4-7 津波
分類4-1-1 危険度評価
内容セッション:306-1 原子力安全工学(原子力施設・設備,PSAを含む)
情報源外部 ウェブページへ
会議名日本原子力学会2017年秋の大会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/160991
WARP保存日2018-10-31