閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル燃料デブリ用収納缶の開発 3 - 未臨界状態を維持する燃料デブリ収納条件の検討
翻訳タイトルDevelopment of fuel debris canister 3 - evaluation of fuel debris condition in a canister for criticality safety
著者山本 誠二(技術研究組合 国際廃炉研究開発機構)((株)東芝)
著者内山 秀明(技術研究組合 国際廃炉研究開発機構)
著者松岡 寿浩(技術研究組合 国際廃炉研究開発機構)(三菱重工業(株))
著者竹下 哲郎(技術研究組合 国際廃炉研究開発機構)((株)東芝)
著者楢崎 千尋(技術研究組合 国際廃炉研究開発機構)((株)東芝)
著者井田 吉紀(技術研究組合 国際廃炉研究開発機構)((株)東芝)
著者上野 学(技術研究組合 国際廃炉研究開発機構)(日立GEニュークリア・エナジー(株))
会議開催日2017-09-13
言語jpn
ページ数1p.
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類5-5-2 破損燃料廃止措置プログラム
分類5-3-1 固体廃棄物
分類5-3-2 液体廃棄物
内容セッション:405-3 原子力施設の廃止措置技術
情報源外部 ウェブページへ
会議名日本原子力学会2017年秋の大会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/161003
WARP保存日2018-10-31