閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル福島第一原子力発電所の燃料デブリ回収容量に関する検討 2 - 回収作業中に落下した燃料デブリの円錐堆積角度と臨界性に関する検討
翻訳タイトルStudy on container capacity limitations of removed fuel debris in defueling Fukushima Daiichi Nuclear Power Station 2 - criticality effect of deposition angle of fuel debris leaked from a container during defueling work
著者森川 徹(東京都市大学)
著者吉岡 慧(東京都市大学)
著者高木 直行(東京都市大学)
著者竹澤 宏樹(東京都市大学)
著者佐藤 勇(東京都市大学)
会議開催日2017-09-13
言語jpn
ページ数1p.
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類5-1-2 燃料状態診断
分類5-5-2 破損燃料廃止措置プログラム
上位階層分類(自動付与)5-1 事故の事象と進展   5-5 廃止措置   
内容セッション:301-1 炉物理,核データの利用,臨界安全
情報源外部 ウェブページへ
会議名日本原子力学会2017年秋の大会
関連するコンテンツ
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
時間軸情報:使用済燃料プールからの燃料取り出し
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
時間軸情報:輸送・保管・貯蔵
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/161062
WARP保存日2018-10-31