閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル空間ガンマ線線量率測定方法変更に伴う人工放射性核種寄与分の推定方法について
翻訳タイトルA method for estimating artificial radionuclide contribution of gamma-ray air dose rate after changing measurement method
著者木村 昭裕(宮城県環境放射線監視センター)
著者石幡 茜(宮城県環境放射線監視センター)
著者伊藤 節男(宮城県環境放射線監視センター)
著者石川 陽一(宮城県環境放射線監視センター)
著者髙橋 正人(宮城県環境放射線監視センター)
著者安藤 孝志(宮城県環境放射線監視センター)
会議開催日2017-09-13
言語jpn
ページ数1p.
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類4-3-2-2 放射線サーベイ方法
内容セッション:保健物理と環境科学
情報源外部 ウェブページへ
会議名日本原子力学会2017年秋の大会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/161132
WARP保存日2018-10-31