閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル空中超音波センシングによる三次元物体形状画像化手法に関する基礎研究
翻訳タイトルFundamental study on the three-dimensional object shape imaging method using air-coupled ultrasonic sensing
著者木内 寛允(東京工業大学)
著者木村 駿(東京工業大学)
著者高橋 秀治(東京工業大学)
著者木倉 宏成(東京工業大学)
著者佐々 大輔(東京電力ホールディングス(株))
著者大森 修一(東京電力ホールディングス(株))
会議開催日2018-03-26
言語jpn
ページ数1p.
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類5-1-1 ゾーン診断
分類5-1-2 燃料状態診断
分類5-5-2 破損燃料廃止措置プログラム
上位階層分類(自動付与)5-1 事故の事象と進展   5-5 廃止措置   
内容セッション:303-1 原子炉計測,計装システム,原子力制御システム
情報源外部 ウェブページへ
会議名日本原子力学会2018年春の年会
関連するコンテンツ
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
時間軸情報:使用済燃料プールからの燃料取り出し
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
時間軸情報:PCV/RPV/建屋の解体
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/161202
WARP保存日2018-10-31