閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル福島浜通りと首都圏の中高生による参加型対話の課題と成果 5 - 事故から6年後の甲状腺検査に対する認識と今後の課題
翻訳タイトルAgendas and issues of participatory dialogues by junior-high and high school students from Fukushima Hama-doori and capital area 5 - recognition for thyroid examination of six years after the accident and future issues
著者澤田 哲生(東京工業大学)
著者中山 知恵子(神奈川大学附属中高)
著者木村 菜摘(東北大学)
著者桑折 淳(磐城高校)
会議開催日2018-03-26
言語jpn
ページ数1p.
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類6-3-1-2 確率的影響
分類4-4-3-4 ステークホルダー関与
内容セッション:総論
情報源外部 ウェブページへ
会議名日本原子力学会2018年春の年会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/161207
WARP保存日2018-10-31