閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル実測値に基づく緊急時放射性物質放出量推定手法の検討
翻訳タイトルA study of emergency radioactive nuclides release estimation method based on measured parameters
著者今井 英隆(東京電力ホールディングス(株))
著者川口 智史(東京電力ホールディングス(株))
著者藤原 大資((株)テプコシステムズ)
会議開催日2018-03-26
言語eng
ページ数1p.
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類6-1-1-1 大気 (ガス)放出
分類5-1-3-3 数値モデリング, 分析
内容セッション:306-1 原子力安全工学(原子力施設・設備,PSAを含む)
情報源外部 ウェブページへ
会議名日本原子力学会2018年春の年会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/161278
WARP保存日2018-10-31