閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル事故7年後の福島の放射線分布状況及び環境モニタリング技術の最前線
翻訳タイトルRecent development of environmental monitoring method for substances derived from Fukushima Daiichi accident - environmental radiation distribution at seven years after the accident and new technology development
著者眞田 幸尚(日本原子力研究開発機構)
会議開催日2018-09-05
言語jpn
ページ数1p.
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類4-3-2 オフサイトモニタリング
内容セッション:放射線工学部会
情報源外部 ウェブページへ
会議名日本原子力学会2018年秋の大会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/161335
WARP保存日2018-10-31