閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル福島第一原子力発電所における低線量がれきの限定的な再利用の考え方
翻訳タイトルCurrent status and issues on the implementation of clearance 2 - international trends on clearance and relevant studies for recycle 2 - concept of restricted use of contaminated rubbles in the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station
著者島田 太郎(日本原子力研究開発機構)
著者三輪 一爾(日本原子力研究開発機構)
著者武田 聖司(日本原子力研究開発機構)
会議開催日2018-09-05
言語jpn
ページ数2p.
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類4-4-2-5 廃棄物管理
分類4-3-1-3 職業被ばく線量モニタリング
分類4-3-1-5 環境放射線サーベイ
内容セッション:合同セッション3(保健物理・環境科学部会,バックエンド部会)
情報源外部 ウェブページへ
会議名日本原子力学会2018年秋の大会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/161350
WARP保存日2018-10-31