閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル福島における放射性物質の分布状況調査 12 - 森林小流域における渓流水の溶存態・懸濁態セシウム137濃度低下傾向とその要因
翻訳タイトルInvestigation on distribution of radioactive substances in Fukushima 12 - factors controlling the declining trend of dissolved/particulate cesium-137 concentrations in stream water at small forested catchment
著者恩田 裕一(筑波大学)
著者岩上 翔(筑波大学)
著者加藤 弘亮(筑波大学)
著者辻村 真貴(筑波大学)
会議開催日2018-09-05
言語jpn
ページ数1p.
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類4-3-2-4 環境放射線サーベイ
分類6-1-2-2 植物相に対する影響
内容セッション:保健物理と環境科学
情報源外部 ウェブページへ関連URL
会議名日本原子力学会2018年秋の大会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/161464
WARP保存日2018-10-31