閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル任意の期間と放出源情報に対する大気拡散計算結果を即座に提供可能な大気拡散データベース計算手法の開発
翻訳タイトルDevelopment of a calculation method for atmospheric dispersion database that can immediately provide calculation results for any period and source term
著者寺田 宏明(日本原子力研究開発機構)
著者永井 晴康(日本原子力研究開発機構)
著者都築 克紀(日本原子力研究開発機構)
著者門脇 正尚(日本原子力研究開発機構)
会議開催日2018-09-05
言語jpn
ページ数1p.
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類6-1-1-1 大気 (ガス)放出
分類6-1-4-1 事故影響解析のためのツール
分類4-4-3-1 責任、データ、情報の受け渡し
内容セッション:保健物理と環境科学
情報源外部 ウェブページへ関連URL
会議名日本原子力学会2018年秋の大会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/161476
WARP保存日2018-10-31