閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル模擬瓦礫海水浸漬液から抽出したウランの全反射蛍光X線分析
翻訳タイトルTotal reflection X-ray fluorescence analysis of uranium extracted from a model drainage water made by immersing of demolition waste in sea water
著者松山 嗣史(量子科学技術研究開発機構)(東邦大学)
著者伊豆本 幸恵(量子科学技術研究開発機構)
著者石井 康太(東邦大学)
著者管 史明(東邦大学)
著者酒井 康弘(東邦大学)
著者吉井 裕(量子科学技術研究開発機構)
会議開催日2018-09-05
言語jpn
ページ数1p.
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類5-3-2 液体廃棄物
分類4-3-1-5 環境放射線サーベイ
内容セッション:保健物理と環境科学
情報源外部 ウェブページへ
会議名日本原子力学会2018年秋の大会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/161489
WARP保存日2018-10-31