閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 24
タイトル原発事故に起因する放射性ヨウ素の諸問題 - ヨウ素129を指標とした研究
翻訳タイトルSome considerations on radioiodine released from Fuksuhima accident - Use of I-129 for the reconstruction of I-131 deposition
著者村松 康行(学習院大学)
著者大野 剛(学習院大学)
著者遠山 知亜紀(学習院大学)
著者稲川 直也(学習院大学)
著者松崎 浩之(東京大学)
会議開催日2013-02-28
言語jpn
ページ数p.186-p.194
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類1-2-2 運転組織
分類4-3-2-4 環境放射線サーベイ
分類6-1-1-4 環境汚染
上位階層分類(自動付与)1-2 組織   4-3-2 オフサイトモニタリング   6-1-1 環境への放射能放出   
内容セッション:東京電力福島第一原子力発電所関連研究・放射性ヨウ素
情報源外部 ウェブページへ
会議名第14回「環境放射能」研究会
関連するコンテンツ
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/178516
WARP保存日2018-01-17