閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル被ばくトレーサビリティシステムの開発
翻訳タイトルDevelopment of a system to trace the causes of exposure
著者時吉 正憲(大成建設(株))
著者長峰 春夫(大成建設(株))
著者西山 恭平(大成建設(株))
著者一原 広昭(大成建設(株))
著者萩原 純一(大成建設(株))
著者水野 裕元(富士電機(株))
著者田中 大輔((株)インフォキューブLAFLA)
会議開催日2019-09-12
言語jpn
ページ数1p.
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類5-5-1 放射線と工学サーベイ
分類4-3-1-3 職業被ばく線量モニタリング
分類5-5-9 安全規制
分類1-1-3 規制とガイドライン
内容セッション: 放射線管理
情報源文献複写申込へ関連URL
会議名日本原子力学会2019年秋の大会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/184294
WARP保存日2019-12-16